月夜のダンゴムシ

吐いてためる

道端のレジ袋が猫に見える問題

道端のレジ袋は猫に見えるし、灰色のカバーを掛けられたバイクは人かと思う(これは夜道に限る)。

目が悪いからなんですけど、とっさの判断力とか、状況を見る力とか、そういうの、の無さも含まれてるんじゃないかしら、と思う。

というのも今日、オレンジ色のコンクリートミキサー車を後ろから見て「劇団四季のライオンキングをモチーフにした幼稚園バスかな?」と思った自分に自分で引いたからなのでした。

瞬時に「いやいやありえないでしょ!」とツッコミを入れられるのであれば、猫に見えようが人に見えようが劇団四季のライオンキングに見えようがまあなんとかセーフだ、たぶん。でも「今どきの幼稚園バスは個性的だな~…」としばらくぼんやり思っていたので近づいてあ、これはコンクリートミキサー車だ、と気づいた時のショックが大きかった。

劇団四季関係者専用幼稚園の送迎バスならいざ知らず、一般の幼稚園バスでライオンキング装飾は、ない。あったとしても後ろに顔がくるのは前衛的すぎる。もう今これ何を書いてるんだろうって思っている。なんだよライオンキングバスって。でもシンバに見えたんだよ。ほんとだよ。

 

一般常識とか当たり前を選びとれる判断力、のある地平から宙に浮いて思考がどっか漂ってっちゃってる時にそうなるんだろうな、と思う。そして私も思考が漂いがちサイドの民。サイドとか言ってるけど、そういう経験、しない人っているんだろうか。いつも現実の地平に足をつけている人。いつの日も現実から一時たりとも目を離してはならんぞ、っていう人…。何を書いてるんだろう。オチないよ。